若手を育てる時代は終わり

若手を育てる時代は終わり

ちょっと前までの働き方といえば、一つの企業で一生勤めると言う感じでしょう。新卒で入るとまずは教育から入り、ビジネスに必要な事から仕事内容まで徹底的に教え込まれます。新人だとその企業が使いやすい社員にする事も可能だったため、昔はこう言った採用の仕方がほとんどでした。今では企業の事情も変わっており、新人をそこまで育てる余裕が無い所が増えています。その代わり40代の人材は即戦力として求められており、積極的に仕事を行なってくれる人材が求められるようになってきました。
昔は小さな企業も多く、社員は家族も同然と言う状態で一生お付き合いする事が多かったように思いますが、今ではどんどん使える人間を入れ替える企業も出て来ています。10代後半や20代など若手となると、一人前になるまで時間がかかり、直ぐに利益に結びつく仕事にはなりにくいです。そのように社員を育てるよりも、40代のような人材を求める傾向が出て来ているようです。40代の人にとっては好機が来たといえ、どんどん良い企業に転職するチャンスを広げてみる事をおススメします。無計画にただ辞めるのはおススメしませんが、今から情報収集だけでも行ってみるのも良いと思います。